グローバル化が進む日本では、外資系企業の進出も激しくなっています。海外ドラマなどの影響で、高収入やエリートというイメージがある外資系企業に転職を希望する人も多いですが、そこにはメリットとデメリットの両方が存在します。

外資系転職のメリット

その名の通り、外資系企業は外国の資本が入っている会社です。そのため、伝統的な日本の企業とは異なるメリットがあります。収入面ばかりが強調されがちな外資系企業ですが、それ以外にも様々なメリットが隠されています。

高収入を得られる可能性が大きい

完全実力主義で評価も平等

在宅ワークや資格取得の制度も充実

外資系転職のデメリット

収入はアップするとは限らない

外資系企業は、実力がそのまま給料に反映されやすいことや、評価基準がハッキリとしているといった魅力があるものの、転職後に必ずしも収入がアップするとは限らないという問題点もあります。例えば、特定の職…

Read more »

福利厚?などでは、?本企業が上の場合も

外資系企業とは、外国の資本が入っている企業のことです。給料がよく、実力主義なため年齢に関係なく活躍することができ、評価が平等のことから外資系企業に転職したいという人は多くいます。しかし、外資系な…

Read more »

外資系求人に強い転職サイト

外資系求人を探すなら外資系企業の求人に強い転職サイトを利用することをおすすめします。外資系は報酬も高く、実力次第で評価されるのでやりがいがあります。転職サイトなら適切なサポートを受けることができます。

社内コミュニケ―ションは希薄になりがち

チームよりも個の力を発揮したい人向き

会社には組織があり、部や課の係やさらに細かいグループなどもあります。それらの組織の中では上司と部下の関係や先輩後輩などもあり、互いに協力してそれぞれの組織の結果をいかに良くするかを考えて行動します。そのために個々よりも組織として評価されるケースが多くなるかもしれません。個々の評価をしてもらいたいのであれば外資系転職をするとよく、組織はあるもののその中でも個々の働きが評価されやすのでいい評価が得られればその分給料も上がります。しかし個が評価されやすい分組織の中のコミュニケーションは希薄になりがちで、他のメンバーから助けてもらうなどが少なくなるでしょう。組織の特徴を知った上で転職をしないと実力を活かせなくなるでしょう。

プライベートより現場で話し合う

仕事上の悩みがあるとき、社内などの現場ではなかなか本音で話し合えないときがあります。その時は上司や先輩などがお酒などに誘ってくれ、お酒を交えて相談に乗ってくれるでしょう。現場でできないコミュニケーションをプライベートで行う慣習が日本の企業にはあるのかもしれません。外資系企業では社員同士でプライベートに付き合う慣習がなく、上司が部下をお酒に誘ったり会社の行事として忘年会が開かれるケースがあまりありません。もちろん社員同士が友人になればそれなりにプライベートのコミュニケーションはありますが、日本の会社のように会社帰りに飲みに行くなどは少ないです。仕事上の悩みがある時には現場で解決するしかないので、そのつもりで外資系への転職に挑戦しましょう。